日本からの商品の発送について

クイックガイド | 手数料 | お支払い | オークション

利用可能な海外発送の方法にはどのようなものがありますか?

ZenMarketでは下記の発送方法が利用可能です。大きく分けて、国際郵便とクーリエ(国際宅配便)がございます。

国際郵便:EMS、航空便(AVIA)、SAL便、DHL Packet
クーリエ:FedEx、UPS、DHL、DHL Direct、SFエクスプレス

※DHL Directはアメリカのみ(荷物サイズなどの条件あり)、SFエクスプレスは主に台湾、香港などのアジア地域のみとなります。(中国大陸は取扱い不可)
※船便の取扱いはございません。
※発送方法は2017年12月現在のものです。今後追加されたり削除される可能性がございますので、ご了承くださいませ。

海外への送料は、どの方法が最も安いですか?

送料の金額は、商品のサイズと重量によって決まります。CD、雑誌など小さなサイズの商品の場合、SAL便の小型包装物が最も安くなります。それ以外の場合は、国際送料シミュレーターでご確認ください。

どの発送方法が最も早く荷物を受け取れますか?

EMS、FedEx、UPSが最も早く、SAL便が最も時間がかかります。

お勧めの発送方法は何ですか?

商品価格が低く、小型の場合、SAL便の小型包装物をお勧めします。それ以外の商品の場合は、料金とサービスの質を考慮するとEMSがお勧めです。

FedExやUPSはどういった時に利用すべきでしょうか?

  • EMSと比べて送料が安い場合
  • 発送する荷物がEMSで送るには重すぎる、または長すぎる場合
  • 書籍、装備など重いものを送る場合

海外への発送料はいくらですか?

国際送料シミュレーターにてご確認いただけます。

海外への発送料が無料になるケースはありますか?

海外への発送料は常にかかります。楽天やアマゾンの商品の一部で、日本国内の送料が無料となっています。ですが、この送料無料サービスは、海外発送には当てはまりません。

「小形包装物」とは何ですか?

小形包装物は、小型商品向けの料金プランです。この方法が最も安い送料になりますが、重量、サイズ、保険料に制限があります。「小形包装物」は航空便またはSALにて発送することができます。

小包の重量の上限は2kgです。
長さ (a) + 幅(b) + 厚さ (c)=90cm以下で、更に長さが60cm以内でなければなりません。

大型、または重量のあるもの、長いものでも発送してもらえますか?

受取国によって、また、発送方法によってそれぞれ制限がございます。受取国への荷物の制限は、こちらの国際送料シミュレーターでご確認頂けます。

「サイズまたは重量オーバーの場合のオプション」というのは何ですか?

日本国内で荷物を発送するのと同じく、海外発送でも発送方法によって荷物のサイズや重量に制限がございます。梱包・発送の手続きを行う際に海外に送る商品と発送方法を合わせて指定して頂きますが、場合によってはお選び頂いた発送方法の制限を超えてしまう場合がございます。
そういった場合に備えて、予め下記の3つのオプションの中からお好きなものをお選びいただく仕組みとなっております。

①過剰分の商品を倉庫に戻す
指定された発送方法で送れる範囲まで商品を詰めて梱包し、残りを倉庫に戻します。

②送料が上記の発送方法に次いで安い方法に変更
指定された商品が全て発送できる発送方法の中で、ご指定の発送方法の次に送料が安い発送方法に変更します。

③商品を2つまたはそれ以上の荷物に分けて発送(各荷物に送料が発生します)
指定された発送方法で指定された商品をすべて送れるよう、荷物を分けて発送します。

【例】
発送方法:SAL(小形包装)を選択 ※SAL(小形包装)は2㎏までの荷物のみ発送可能です。
発送する商品:3点

「過剰分の商品を倉庫に戻す」の場合
商品を3点詰めた段階で2㎏をオーバーすることが分かったため、2点だけ詰めて梱包完了、残り1点を倉庫に戻します。
※基本的には倉庫での保管期間が長い商品を優先的に梱包しますが、サイズや重量によってはその限りではございません。

「送料が上記の発送方法に次いで安い方法に変更」の場合
商品を3点詰めた段階で2㎏をオーバーすることが分かったため、SAL(通常)に変更して3点すべてを発送します。

「商品を2つまたはそれ以上の荷物に分けて発送(各荷物に送料が発生します)」の場合
商品を3点詰めた段階で2㎏をオーバーすることが分かったため、1つの梱包箱に商品2点、もう1つの梱包箱に商品1点を詰め、合計2箱の荷物として発送します。
※この場合、それぞれの荷物に送料が発生し、異なる追跡番号がつきます。

どのような商品の海外発送が禁じられていますか?

海外への発送が禁止されているものは、引火性のものや動植物、またワシントン条約で禁止されているものなど様々です。また国によっても輸入が禁じられているものがあり、日本から発送(輸出)できても発送先の国で輸入ができない、といった事態になる可能性がございます。
国際郵便として発送が禁止されているものについて、下記のリンクをご覧ください。
国際郵便として送れないもの
国・地域別情報



その他にも、以下のような商品の発送が禁止されています。
・スピーカー(クーリエは発送可)
・モバイルバッテリー、スマホ用バッテリー
・電子タバコ
・日焼け止め

また、発送方法によっても取り扱うことができない商品がございます。それぞれの発送方法での主な取り扱い不可商品は、下記をご覧ください。

国際郵便
EMS: 金、シルバー、プラチナなどを含む指輪、ネックレス、イヤリングなどのアクセサリーや貴重品類

クーリエ(国際宅配便)
クーリエでは簡易通関を行う関係上、国際郵便では発送できても取り扱いが不可、あるいは難しいものもございます。代表的な例としましては、下記のようなものがございます。
※クーリエの種類については、上記の「利用可能な海外発送の方法にはどのようなものがありますか?」の項目をご参照ください

・食品・飲料
・化粧品・衛生用品
・アルコール類
・液体類

このような商品をクーリエで発送した場合、通関で差し止めされてしまい、廃棄処分となる可能性がございますので、ご注意ください。

関税とは何ですか?

通常、商品を輸入する際には輸入税を支払う必要はありませんが、商品の価格が免税額を超えた場合は、輸入税を支払う必要があります。
※輸入税が発生した場合は、お客様のご負担となります。なお、関税に関する取り決めは国ごとに異なるため、弊社は各国の輸入税に関するいかなる情報も提供できかねます。あらかじめご了承くださいませ。お住まいの国の言語で、Google検索などで「輸入税」というキーワード(英語で「customs duty import」)にお住いの国名を加えてお調べください。

オーストラリア在住のお客様へ:

2018年7月1日より、オーストラリアにて新しい税法が施行されたことに伴い、弊社では同国へ発送する荷物のうち申告価格が1­,000オーストラリアドル以下の場合、申告価格の10%をGSTとして徴収するよう義務付けられております。

GSTの徴収は、申告価格が1,000オーストラリアドル以下の場合のみとなります。該当する場合、GSTは国際送料が支払われる際に徴収されます。

1,000オーストラリアドルを超える高額商品の場合、関税規則とGSTの支払い方法は現行のままとなり、税関当局より請求が行なわ­れます。

注文した商品をいつ発送してもらえますか?

ご注文の商品が、弊社の倉庫に到着してから、お客様ご自身で発送日、発送先および発送方法を決めていただきます。発送手続きをするためには、マイアカウントにログインしていただき、配送先の住所と発送方法をご記入の上、発送内容を確定してください。手続き完了後、弊社にて商品を梱包し、2日以内に発送します。

荷物には、追跡番号がつきますか?

はい。すべての荷物に追跡番号がつきます。荷物の発送後、マイアカウントの「梱包・発送」ページにて荷物の追跡を行っていただくことができます。

注文した商品の梱包を通常より頑丈にしてもらいたいです。料金はいくらですか?

弊社では、商品の強度やサイズなどを考慮した上で梱包しています。これまで弊社が梱包して発送した商品は、充分にしっかりと梱包され、ほとんどのケースでお客様の手元に問題なく届いております。ただし、お客様のご注文された商品が大型であったり、重量がある場合などでご心配がある場合には、有料梱包サービスをご利用いただくことをお勧めいたします。こちらは1梱包あたり1,000円です。強化段ボール素材の枠やその他の補強材を使い、しっかりと補強して梱包致します。
※ただし、ターンテーブルのような壊れやすい商品をご注文の際、補強サービスが必須となっております。

発送する商品を「gift(贈り物)」として送ることはできますか?

残念ながら、「gift(贈り物)」として発送することはできません。すべての荷物は「merchandise(商品)」として発送されます。

梱包が完了した後に、再梱包をお願いすることはできますか?その場合、いくらかかりますか?

発送準備が整った後でも、発送方法のご変更は無料でできます。梱包が完了した後に再梱包をご希望される場合は、追加料金が1,000円となっております。

海外発送の際に、私の荷物は保険に入っていますか?保険料はいくらかかりますか?

航空便、SAL便、EMSの場合は保険料を支払う必要はございません。ただし、小形包装で発送された場合、配送業者から支払われる保障額と申告価格との差を弊社が補てんするために、ZenMarket独自の保険料を頂いております。また、申告価格を下げた場合も同様に保険料を頂いております。

クーリエでの発送の場合は、各発送方法の補償システム、発送国、発送する荷物の価格等を考慮し、0~2%の保険料を頂くことがございます。

 

荷物が届きません。どうしたらいいですか?

すべての荷物に追跡番号がついており、お客様のマイアカウントでお荷物の状況をご確認頂けます。 発送から1か月以上経過しているにもかかわらず、まだお受け取りいただいていない場合には、弊社にご連絡ください。弊社から日本郵便へ荷物の状況調査を依頼いたします。通常、この調査には1か月ほど時間がかかります。

※FedExでは荷物の配送遅延に関して賠償制度がございますが、弊社では2016年4月28日よりFedExより特別料金を頂いておりますため、この賠償制度が対象外となっております。

受け取った荷物が破損していました。どうしたらよいでしょうか?

荷物のお受け取り時に、荷物が破損したり、配送途中で開封された形跡が見られた場合には、お受け取りのサインまたは押印をしないでください。郵便局にてお受取人ご本人様の目の前で、荷物を開封してもらうように頼んでください。もし中身の商品が破損していた場合、荷物の破損に関する申請書をご記入ください。そこに損害金額をご記入いただきます。郵便局の職員が、お客様が提出される申請書を受取り、正式に手続きされたことを必ずご確認ください。お客様が提出された申請書が郵便局で受理されてから、弊社にその旨をご連絡いただくと共に、その申請書のコピーをご送付ください。お客様からの申請書内容を基に、弊社から日本の郵便局に損害賠償を請求する書類を提出いたします。

アドバイス

  • 可能な限り、同一のショップでお買物をされることをお勧めします。日本国内での配送料が節約できます。
  • 荷物の宛先は職場などは使わず、自宅の住所でお願いします。
  • 事前に受取国の関税や配送時の制限などをお調べください。

その他ご不明な点やご質問等あれば、こちらより弊社スタッフまでお気軽にお問い合わせください。