海外進出が進む二郎系ラーメン

 

 

中国由来の「拉麺」は日本で「ラーメン」として独自の進化を遂げ、
現在は飲食業で最も人気のあるジャンルにまで成長(^^)

 海外での「ラーメン」人気の高まりには目を見張ります!

 

 

前回ブログ でご紹介した「一蘭

一蘭

 

 

一風堂

 

 

味千ラーメン 

味千ラーメン

 

 

上記ラーメン店は海外進出に成功し、
現在は新たなジャンル「
二郎系ラーメン」が
着実に人気を獲得してきています♩

 

「二郎系ラーメン」とはいったい...?

語源となった「ラーメン二郎」について、
解説させていただきたいと思います(^^)

 

 

 

●店舗の特徴

 

 

「ラーメン二郎」は本店を東京都港区三田に構え、
関東を中心にのれん分けした店舗を展開しているラーメン店。

本店以外のラーメン二郎を名乗る店舗は直系店で修行した人が、
のれん分けによりの二郎の名称を使用して出店する事が認められている。

ルールとして営業時間中は修行を経験した責任者が
厨房に立つ鉄則に従う決まりになっている。
 

 

店舗看板は黄色背景に黒文字で「ラーメン二郎」と書かれる事が多く、
カウンターの色の多くは赤色(^^)

ラーメン二郎三田店

 

会計は前払いの食券制で行われ、
一部の店舗を除きプラスチック製の食券を使用。
食券の色で麺の量や豚の量を分別しています!

ラーメン二郎食券機

 

 

 

●味やメニューの特徴

 

 

モヤシ、キャベツ、チャーシューが載った豚骨ベースの醤油味で、
スープの原料は豚骨、香味野菜、背脂、豚肉などで
これらを煮込んでベースのスープが作られます。
そこへ専用しょうゆと専用みりん風調味料を加えスープが完成!

 

二郎の特徴として一般的なラーメンの特盛以上を小(しょう)、
ラーメン大盛り2杯分相当サイズを大(だい)と呼んでいます。

 

食券提出時に「麺少な目」「アブラ少な目」「味薄目」「麺かため」と頼めば、
調整してくれる店舗が多く、また「ヤサイ」「ニンニク」「アブラ」「カラメ」の
4つは無料でトッピングの増減が可能です♩

ラーメン二郎

 

 

 

●カルト的人気

 

 

二郎には熱狂的なファンが存在し「ジロリアン」と呼ばれています!

ジロリアン三箇条

 

ジロリアンの特徴として

 

 ①必ずしもラーメン好きではなく二郎の食べ歩きが好き

 ②二郎をソウルフードとし傾倒

 ③独自のルールを作りカルト的に熱狂

 

このようなジロリアンに対してライターの速水健朗は、

『彼らの多くが「ラーメンではなく二郎という食べ物」という価値観に基づき、
修行や巡業のように、各地のラーメン二郎に何度も訪れたりしている、まるで信者のようだ。

また、様々な店舗を訪れ、インターネット上でその味の違いなどを交換することを、
コミュニケーションの素材として楽しんでおり、
ジロリアンにとってラーメン二郎は「勝手なルールを元にしたゲーム」として
消費されている面がある。』
と考察しています(^^)

 

・ 

 

日本全国に数ある「二郎系ラーメン」の中でも、
関西を中心に人気を博しているのが「ラーメン荘グループ」です。

ラーメン壮グループ

 

 

「ラーメン荘グループ」は西岡津世志によって創業された、
ラーメンチェーン店です!

西岡津世志

 

 

西岡氏は2002年から元ラーメン二郎神谷(現ラーメン富士丸)で勤務、
そのノウハウをもとに2006年に独立、京都で「ラーメン荘夢を語れ」を創業。
その後は、関西を中心に「ラーメン荘グループ」を展開♩

 

そんな彼が2012年、ボストンに開業したのが「Yume Wo Katare」です。

Yume Wo Katare

 

 

ボストンはハーバード大学、マサチューセッツ工科大学をはじめ、
数々の大学が集まるアメリカ最大の学園都市。

 

 

ボストン

 

そのボストンで、現地の学生を中心に人気を博している「Yume Wo Katare」

ボストンでは現在2店舗が営業しており、
連日行列が途切れない超人気店に!

Yume Wo Katare

 

ユニークな独特の制度で「ここはラーメン屋ではなく夢を語る場所である」
というミッションを持って経営がされており

Yume Wo Katare

 

店内には「I have a dream」と書いた札が置かれており、
ラーメンを完食した客には「I have a dream. I want to…」と
店内で他の客に向かって夢を語る機会が与えられます(^^)

I have a dream

 

居合わせた他の客は、その夢に対して応援の声をかけたり、質問したりします。

夢を語る機会が与えられるのは、ラーメンを注文した客だけではありません。
ボランティアスタッフとして働くと自分や家族や友人が無料で、
ラーメンを食べ夢を語る機会が与えられる「ポジティブサイクル」という仕組みも!

ポジティブサイクル

 

「Yume Wo Katare」の味とミッションに共感した、
国内外の若者達からは弟子入りの志願が絶えないそうです♩

 

着実に海外でも人気を博している「二郎系ラーメン」。
ゼンマーケットでは関連商品の販売もしておりますので
ご興味のある方は こちら からどうぞ!

 

 


 

 

随時更新していますので

お気軽にフォローよろしくお願いします♪

 

 facebook  instagram  twitter

記事| 2019年6月12日 | ラーメン二郎系