2日間限定の楽天SALE楽天商品が対象の5%キャッシュバックを実施中! 詳細はこちら

コーヒーメーカーは日本製がおすすめ!人気のコーヒーメーカーランキング5選

 

時間に追われることがつい多くなりがちな現代社会で、ひと時の心の安らぎを与えてくれるのが、コーヒータイムです。

専門店で飲む本格はコーヒーは勿論美味しいですが、最新の日本製コーヒーメーカーを使って淹れるお家コーヒーのクオリティも侮れません。家中に広がるコーヒーの香ばしい香りに癒される効果もあることでしょう。

本記事では、日本製のコーヒーメーカーの特徴や、マシン購入時に役立つ製品の見分け方などを、おすすめの日本製コーヒーメーカーTOP5と併せてランキング形式でご紹介していきます♩

 

 

  

多機能が売りの日本製コーヒーメーカー

 

さまざまなブランドから発売されている海外製と日本製のコーヒーメーカーですが、具体的にはどういった点に違いがあると思いますか?

その違いとは、ずばり「機能性」です。日本製のコーヒーメーカーの方が、海外製のコーヒーメーカーよりも機能性に優れているため、コーヒーにこだわりをお持ちの方でも満足できる一杯を淹れることが可能です。逆に海外製のものはシンプルさに優れていますので、ご自身のお好みに合わせてご選択されるのがいいでしょう。

「美味しいコーヒーが飲みたい!」「1日のスタートには拘りの一杯を!」と少しでも思われる方には、日本製のコーヒーメーカーがおすすめです。海外からでもゼンマーケットを通じれば、日本から直接お取り寄せできますのでご安心を♩

※日本製の電化製品をご使用になられる際は、必ず事前に対応電圧についてご確認ください。

 

 

  

日本製コーヒーメーカー購入時のポイント

  

一言に日本製のコーヒーメーカーと言えど、本当にたくさんの種類があるので、どの製品が良いのか迷ってしまいますよね。

そこで、実際にコーヒーメーカーを選ぶ際に注目したいポイントをご紹介していきます。基本的な部分を抑えていますが、意外と見落としがちなのでしっかりと確認していきましょう!

 

 

1. 作れるコーヒーの量

日本製コーヒーマシン購入時のポイント1:作れるコーヒーの量

ポイントの1つ目は「作れるコーヒーの量」という点です。

コーヒーマシンの種類によっては、1度にコーヒーカップ1杯分しか作れないものから、コーヒーカップ10杯分まで作れるタイプまで様々です。
どれくらいの人数でコーヒータイムを楽しみたいのかで、出来上がりの容量に気を付けて購入しましょう!

コーヒーは淹れてから長時間置いてしまうと酸化して美味しくなくなるので、大きければいいというわけではありませんのでご注意を。

 


  

2. コーヒーサーバーの材質

日本製コーヒーマシン購入時のポイント2:コーヒーサーバーの材質

ポイントの2つ目は「サーバーの素材」です。日本国内のコーヒーマシンは殆どの割合で「ドリップ式」です。

ドリップ式のコーヒーマシンではコーヒーを抽出した後に保存する、サーバーが付いています。このサーバーの素材をどう選ぶか?は一つの大きなポイントでしょう。
 主にガラス素材とステンレス素材の2種類です。前者は中身が確認しやすい反面、割れる危険性があったり、後者あれば中身が確認しづらくなる反面、割れる恐れがないといった違いがあります。

加えて、ステンレス製のサーバーであれば、保温冷機能がついているため温度が変化しにくい特性があります。保温のために、長時間電源を入れたままにしておく必要がなく経済的なのでおすすめです。

 


 

3. コーヒーミルの刃 

日本製コーヒーマシン購入時のポイント3:コーヒーミルの刃

ポイントの3つ目は「コーヒーミルの刃のタイプ」です。コーヒーメーカーの中には、粉になっていないコーヒー豆を挽くことができる機能がついたものもあり、新鮮な味わいを楽しむことができます。

コーヒーミルの刃のタイプには、「プロペラ式」「臼式」「コニカル式」などが挙げられます。

豆が挽けるならどれでも良いという方には、最も多く出回っているのはプロペラ式がおすすめ!また臼式は上下の臼ですりつぶすため、豆を均一に挽くことが出来ると言われていたり、円錐状の刃を搭載したコニカル式も豆をムラなく挽くことが出来たりと、こだわりに合わせて選ぶのが良いでしょう。

 


 

4. 蒸らし機能 

日本製コーヒーマシン購入時のポイント4:蒸らし機能

ポイントの4つ目は「蒸らし機能」です。ドリップコーヒーは抽出の際にしっかりと蒸らすことで、コーヒー粉が膨らみコーヒーの中にお湯の通り道が出来ます。粉の中を満遍なくお湯が通っていくため、均一な味わいとなりよりおいしいコーヒーを淹れることが出来るのです。

それを再現することが可能な、蒸らし機能が付いているコーヒーメーカーを使ってコーヒーを淹れることで、よりハンドドリップに近い人が淹れた味わいに近いコーヒーを作ることが出来るでしょう。

 


 

5. 給水タンクの着脱

日本製コーヒーマシン購入時のポイント5:給水タンクの着脱

ポイントの5つ目は「給水タンクの着脱」です。給水タンクがきちんと着脱できるモデルがおすすめ!

給水タンクが着脱できないものを選んでしまうと、洗うのが難しくメンテナンスが大変ということに加えて、雑菌の繁殖などの観点から衛生的にも好ましくありません。

その点、
コーヒーメーカー使用後には気軽に洗う事が出来る、給水タンクが着脱できるタイプのコーヒーメーカーだと都度洗いが出来るので、いつでも安全で美味しいコーヒーを楽しむことができますね。

 

  

おすすめの日本製コーヒーメーカー5選

  

それでは、いよいよ日本のブランド各社が作っているおすすめのコーヒーメーカTOP5をランキング形式でご紹介して参ります。
それぞれのコーヒーメーカーごとに異なる特徴や、注目ポイントも解説しておりますので、よく見比べてご検討してみてくださいね!

 

 

【第5位】サーモス「ECK-1000」

サーモス「ECK-1000」 

おすすめのコーヒーメーカー第5位はサーモス「ECK-1000」です。

サーモス「ECK-1000」は、ミルが搭載されていないドリップタイプのコーヒーメーカー。ミル機能が無いため、粉のコーヒーを自分で用意しなければいけませんが、コーヒーを淹れる際には「スパイラルドリップ」というハンドドリップに近い方法で抽出してくれます。

また温度を保つ技術に長けたサーモスの、真空断熱構造を搭載したポットに直接コーヒーが入るので、煮詰まることなく淹れたての美味しい味わいをそのまま保つことが可能です!

 

▼ 商品の一覧はこちらから

 


 

【第4位】象印「珈琲通 EC-AS60」

象印「珈琲通 EC-AS60」 

おすすめのコーヒーメーカー第4位は象印「珈琲通 EC-AS60」です。

象印「珈琲通 EC-AS60」は、水を2回加熱してお湯と蒸気でコーヒー粉を蒸らす「ダブル加熱 95℃抽出」という方法でドリップしてくれる優れもの。コーヒー本来のコクと香りをしっかりと引き出してくれます。

またレバー式濃度調節で、コーヒーの濃さも「レギュラー(ふつう)」と「ストロング(濃い)」の2段階から選ぶことが出来るので、それぞれのお好みに合わせて調節できるのが嬉しいです。

 

▼ 商品の一覧はこちらから

 


 

【第3位】タイガー魔法瓶コーヒーメーカー「ACT-E040」

タイガー魔法瓶「ACT-E040」 

おすすめのコーヒーメーカー第3位はタイガー魔法瓶コーヒーメーカー「ACT-E040」です。タイガー魔法瓶「ACT-E040」は、レギュラードリップ、ドリップバッグ、ドリップポッドの3通りの抽出ができるコーヒーメーカーです。

レギュラードリップでは、高さ調節可能なトレイでシーンや人数によって量を選ぶことができます。ドリップバッグ抽出では、市販のドリップバッグが使用することが可能で、最適な湯量を自動で計測する機能がついています。ドリップポッドでは、専用のカプセルを使用して挽きたてのUCCコーヒーが気軽に楽しめちゃいます。

また付属している「ステンレス製まほうびんサーバー」では省エネ保温が可能なのも嬉しいですね。丸洗いすることが可能で、いつでも綺麗な状態て保てる点もポイントです!

 

▼ 商品の一覧はこちらから

 


 

【第2位】パナソニック コーヒーメーカー「NC-R500」

 パナソニック「コーヒーメーカー NC-R500」

おすすめのコーヒーメーカー第2位はパナソニック コーヒーメーカー「NC-R500」です。

パナソニック「コーヒーメーカー NC-R500」は、ミルが内蔵されているタイプのマシンです。中細挽きと粗挽きの2種類の挽き方から選ぶことができ、シングル、ダブルの2種類のドリップ方式から選択することも可能!マイルド、リッチ、アイスのコースも備えているので、希望の味わいごとに抽出方法を変更することもできちゃいます。

また通常よりも蒸らし時間を長くした「Wドリップ」機能や、コーヒーの油分も抽出できる「ステンレスフィルター」などもついてくるので、かなり本格的な味わいがお家でも楽しめます。

 

▼ 商品の一覧はこちらから

 


 

【第1位】パナソニック「沸騰浄水コーヒーメーカー NC-A57」

パナソニック「沸騰浄水コーヒーメーカー NC-A57」 

おすすめのコーヒーマシン第1位はパナソニック「沸騰浄水コーヒーメーカー NC-A57」です。

パナソニック「沸騰浄水コーヒーメーカー NC-A57」は、豆を挽くところから抽出までを一貫して行ってくれる「全自動」タイプです。抽出濃度と豆の挽き具合は2段階のバージョンで変更することができるので、かなり自由に自分好みのコーヒーへとカスタムすることが可能です。

また「デカフェ豆」コースも付いているので、カフェインレスコーヒーを淹れることも可能な高機能さ。どのコーヒーメーカーにするのか悩まれるようであれば、多機能なパナソニック「沸騰浄水コーヒーメーカー NC-A57」が最もおすすめです!

 

▼ 商品の一覧はこちらから

 

  

まとめ

  

日本製のコーヒーメーカーだけに焦点を当てて、お家でも本格的なコーヒーが楽しめる製品をご紹介してまいりましたが、いかがだったでしょうか?

コーヒーメーカーを選ぶ際に重要なのは、コーヒーメーカーの機能性です。同じコーヒー豆でも淹れ方によってかなり味わいが変化するので、今回ご紹介したようなポイントに注目して、お好みのコーヒーメーカーを探してみてくださいね!

 

 

 


 

 

随時更新していますので

お気軽にフォローよろしくお願いします♩

 

 facebook  instagram  twitter

記事| 2021年4月10日 | コーヒーマシンオススメグルメ