節分の由来を知ろう!学んで楽しい節分の過ごし方

 

春と冬の境目の日、春の始まりを節分と呼びます。
毎年、立春の前日を節分として、2月3日に行われる印象が強いのですが、2021年はなんと124年ぶり2月2日が節分となります。

そんな節分には、どんなイメージをお持ちですか?節分の習慣にはそれぞれ意味があるのですが、正しい意味や行い方などを、知らない方も多いことでしょう。本ブログを通して、節分がもっと楽しくなるよう学んでみましょう!

 

  

節分の由来と歴史とは?

  

まず節分には、「季節の分かれ目の前日」という意味があります。

春夏秋冬と4つの季節がある日本では本来、「立春」「立夏」「立秋」「立冬」と各季節の始まりの前日は、全て節分とされていました。
この4つの節分の中でも古来より一番重要視されてきたのが、春が始まる前の日の「立春の前日」となる、今日の節分です。

現在の節分イベントに行われる内容の起源は、平安時代に宮中行事で行われていた「追儺(ついな)」というものが起源とされています。

平安時代には、方相氏(ほうそうし)と呼ばれる鬼払い役が手下役の役人を引き連れて宮中を回り、厄払いを行っていました。現在も変わらず、鬼を追い払って厄払いをする節分では、当時と同じ行いが引き継がれているのです。
 

節分の由来と歴史とは? 

 

定番の節分の過ごし方

  

古来より季節行事とされてきた節分ですが、一体どのような過ごし方をすればいいのか?など一般的な節分の日の楽しみ方をご紹介いたしますお♩

  

・豆まき 

節分の過ごし方1つ目は「豆まき」です。
家の主や厄年の人などが、本来豆をまくと良いとされています。自宅の奥から玄関の方へ「鬼はそと、福はうち」と言いながら鬼を追い出すように撒きます。
地域によっては、まいた後の片付けや拾いやすいなどの合理的理由から、落花生や餅、お菓子、みかんなどを豆の代わりにまくこともあるそうです。

そもそも何故豆をまくようになったのか、ご存知でしょうか?豆まきは、中国の風習がそのまま伝わったとされており「魔滅(まめ)」と表記され、無病息災を祈る意味が込められています。

昔話では、人食い鬼に困った人々が神様に泣きつき、神様はどうすれば鬼が人食いを止めるかを考えました。考えた神様は、炒った豆を鬼に渡し「その豆を畑に植えて芽が出たら人食いを許す」と伝えまするのです。ところが炒った豆なので、当然ながら芽は出ることが無く、鬼は人食いを止めたという伝説があります。そのため、節分に使う豆は必ず炒ったものとされています。

定番の節分の過ごし方 - 豆まき 


  

・豆を食べる 

節分の過ごし方2つ目は「豆を食べること」です。
前述した通り、古来から節分は年の初めの日という考え方もあったため、「節分にはみんなが揃って年を取る」という考え方があり、節分には年の数+1粒の炒った豆を食べる習慣が出来たのです。

また、「新年の厄払い」として豆を食べる地域や、「体が丈夫になり、風邪を引かない」との慣わしがある地域もあります。面白いですよね。

定番の節分の過ごし方 - 豆 


  

・イワシを食べる

節分の過ごし方3つ目は「イワシを食べること」です。
焼くと魚独特の香りがするイワシは、この香りで鬼が家に寄り付かなくなるという考え方がされている地域があります。主に西日本では、この慣わしから節分にはイワシを焼いて食べる習慣があります。

また、いわしの頭を柊の木に刺して玄関の門口に置くという風習もあります。イワシの香りで鬼の侵入を防ぎ、柊のトゲで鬼を退治するという意味合いがあるのです。そんな、節分に
イワシを食べる習慣は、西日本特有の文化で、東日本ではあまり見られませんが、次の節分にはイワシを食してみてはいかがでしょう?

 定番の節分の過ごし方 - イワシ


  

・恵方巻を食べる

節分の過ごし方4つ目は「恵方巻を食べること」です。
恵方巻のルーツは、江戸時代から明治時代にかけての大阪にあります。節分のお祝いや、商売繁盛を願ったりして、太巻きを1本まるかぶりしたことから始まったとされています。

芸子や商売人が芸遊びをしながら、太巻きをまるかぶりしたことから「商売繁盛の運気」を一気に頂くという意味が込められています。当時は「恵方巻」ではなく「丸かぶり寿司」や「太巻き寿司」と呼ばれていました。

現代社会でもブームが続く恵方巻ですが、そのルーツはコンビニの普及にあります。1989年に広島県の某大手コンビニチェーンが丸かぶり寿司を「恵方巻」と名付け丸かぶり寿司を販売したところ、非常によく売れたのです。そこから全国のコンビニに広がり、スーパーマーケットや百貨店でも販売されるようになり、今では当たり前とされる節分=恵方巻の文化が誕生したのです。

定番の節分の過ごし方 - 恵方巻き

  

今年はお家で楽しむ節分がおすすめ!

 

例年、神社仏閣では大規模な豆まきイベントなどが行われる節分ですが、お家で家族とワイワイ楽しむ節分も楽しいものです。 

鬼のお面などが付いてくる豆まきセットはオンラインでの購入も可能、また人気キャラクターのお面を印刷できるウェブサイトも登場しているので、それぞれお気に入りのお面で楽しんでみるのもいいですね!
節分の由来を知ったり、地域ごとに様々な特色を持つ節分の祝い方を知って、いつもとは違う節分を過ごしてみられてはいかがでしょうか?きっと有意義な節分になる事でしょう。

自宅で節分イベントを行う際に、一点だけご注意を。毎年、恵方巻きや豆を喉に詰まらせて救急搬送される方が少なくありません。特に、まるかぶりして食べる恵方巻きは、海苔の硬さなどもあり一気に食べると喉に詰まる恐れがあるので、しっかりと噛んでお召し上がりください。

  

▼お家で楽しむ節分アイテムをお探しの方は、こちらをクリック

  

まとめ

  

節分には古くからの習わしがあることがお分かりいただけたことと思いますが、時代と共に変化しながら現在も日本文化として楽しまれているのは、すごいことですよね。今後も、節分が後世に継承されていくのが楽しみです。

ちなみに、節分には柊とは別に「桃の枝」を使う場合もあります。これは、古事記や日本書紀に登場する「イザナギ・イザナミ」という神様にも由来があるようです。まさに、節分とは日本誕生の時から語り継がれている日本の歴史そのままのような習慣だとも言えるでしょう。

しっかりと厄を払って、明るい一年となるように、お祝いしてみましょう!

節分の由来を知ろう!学んで楽しい節分の過ごし方 

 


 

 

随時更新していますので

お気軽にフォローよろしくお願いします♩

 

 facebook  instagram  twitter

記事| 2021年2月6日 | 節分オススメ季節行事