| |

世界中で大人気のポッキー!日本代表のお菓子ポッキーのおすすめTOP4

 

日本を代表するチョコレートスナックの1つ「ポッキー」。ポッキーを今まで1度も食べたことが無いという方は、かなり少ないのではないでしょうか?日本だけにとどまらず、世界中で人気を収めるポッキーの人気を徹底的に解説してまいります!

本記事では、さまざまな種類が登場しているポッキーの中から好みのフレーバーをお探しいただけるよう、ポッキーの魅力と現在発売中のおすすめポッキーTOP4をご紹介してまいります。どうぞ最後までお付き合いください!

 

 

  

ポッキー誕生のルーツとは?

 

ポッキーは、日本の菓子メーカーである江崎グリコから1966年に誕生しました。当時、チョコレートでコーティングざれたお菓子は「チョコで手を汚しながら食べること」が当たり前とされており、手が汚れてしまうため気軽に食べるということが少なかったようです。

そこで、江崎グリコが考え出したのがクッキー細長くし、チョコレートでコーティングしてしまう斬新なデザインです。クッキーを細長くしたことで、ちょこっと食べたい時にも間食として食べやすくなりました。

また、わざとチョコレートでコーティングしていない部分を作ることで、チョコレートで手が汚れることを心配することなく食べられるのが嬉しいですよね。

 

 

ポッキーが人気になった2つの理由

 

ポッキーは2019年に、「2019年世界で最も売れたチョコレートでコーティングされたビスケット」としてギネス記録に認定されました。世界中で大人から子供まで幅広く愛されるポッキーですが、どうしてここまで人気になったと思われますか?ポッキーが人気になった2つの理由をご紹介します♩

 

 

1. 手を汚さないで食べられる

 

ポッキーが人気の理由としては、やはり「手を汚さないで食べられるところ」でしょう。

前述した通り、ポッキーが誕生するまでは、チョコレートでコーティングされたお菓子というと、手を汚しながら食べるのが当たり前でした。しかし、ポッキーはその独特な形状により、手を汚さずに食べられるようになっているのです。それが、他のお菓子にはない人気の秘訣と言えるでしょう。

 


  

2. 気軽に誰でも食べられる

 

ポッキーは細長いスティック状で誰でも気軽に食べられるサイズに仕上げてあります。

仕事の休憩時間や、おやつの時間にも、手軽にぱくっと食べられるのが嬉しいです。また、小分けになっているので外出時に小袋をカバンに忍ばせて持ち歩くこともできますね。若者からお年寄りまで幅広い世代に愛されるのも頷けます。

 

  

過去発売ポッキーの種類とは?

  

ポッキーは、通年複数のフレーバーが手に入るように数種類が常に登場しています。しかしながら、季節ごとにフレーバーが変わることから、既に廃盤になってしまっている過去の名作が沢山あるのです。そんな過去名作の中でも、未だ多くの人に愛される人気の過去発売ポッキーをご紹介していきます。

 

 

1. みるくポッキー

 

過去の人気ポッキー1つ目は「みるくポッキー」です。

こちらのポッキーは、通常のポッキーよりも、チョコレートの中の粉乳の割合を増やしたみるく味のポッキーです。粉乳成分が増えたことでよりミルキーでマイルドな味わいが楽しめる一品です。あまり甘いものが得意でない方も、食べやすいポッキーとして人気を博したシリーズ。

 


 

2. アーモンドポッキー

 

過去の人気ポッキー2つ目は「アーモンドポッキー」です。

アーモンドポッキーは1971年に販売が開始され、2003年まで作られ続けた人気フレーバーです。砕いたアーモンドが、チョコレートコーティングに混ぜ込まれており、アーモンドの香ばしさが楽しめます。現在は「クラッシュポッキー」として伝統が引き継がれています。

 


 

3. メンズポッキー

 

過去の人気ポッキー3つ目は「メンズポッキー」です。

メンズポッキーは1996年に販売開始され、2010年まで人気を博しました大人向けポッキー。ビターチョコレートでコーティングされたポッキーは、甘いものが苦手な男性でも、美味しく食べることが出来る斬新なコンセプト。シンプルなパッケージは、男性が持ってもカッコいいスタイリッシュなデザインとして有名でした。

 

  

海外でも人気のポッキー!異なる呼び名とは?

 

ポッキーは日本の江崎グリコが作ったお菓子ですが、言わずもがな海外でも大人気のお菓子ですよね。しかし、実のところポッキーというネーミングで販売されていない地域がいくつかあります。ヨーロッパではポッキーを「MIKADO」という名前で販売していることで有名です。 

病気に関する英単語でポッキー似た言葉があることから、ポッキーという本来の名前で販売してしまうと、ネガティブなイメージを連想される恐れがあったことから「MIKADO」という名前で販売を開始したそう。

MIKADOという名前の由来としては、ヨーロッパで人気のあったゲームの名前をもじってネーミングされたそうです。ちなみに、ゲームのMIKADO41本の棒を使って行われるゲームで、その辺りもポッキーの形状と関係があるようですね。

 

 

  

発売中のおすすめポッキーTOP4

  

国内外で人気の高いポッキーですが、さまざまなフレーバーやオリジナルブランド商品が登場しています。フレイバーごとにチョコレートの味わいが違うのはもちろん、トッピングも異なるため、好みの味わいを探してみましょう♩

それでは、現在発売中のおすすめポッキーをランキング形式で4つ厳選紹介して参ります。ポッキーごとの注目ポイントも併せてコメントしておりますので、よく見比べてくださいね!

 

 

【第4位】クラッシュポッキー

 

おすすめの販売中ポッキー第4位は「クラッシュポッキー」です。

クラッシュポッキーは、過去に販売されていたアーモンドポッキーの後継モデルとも言える商品です。砕いたアーモンドと、サクサクのクランチがチョコレートに混ぜ込まれており食感が楽しいポッキー。ナッツの香ばしさと、しっかりと食べた感を味わいたい方に、おすすめのポッキーです。

▶ 商品の一覧はこちらから

 


 

【第3位】いちごポッキー

 

おすすめの販売中ポッキー第3位は「いちごポッキー」です。

いちごポッキーは、いちごクリームを使用した甘酸っぱい味わいが特徴のポッキーです。いちごのふんわりとした香りと、ミルクの柔らかさ、プレッツェルの香ばしさがベストマッチ。甘党の大人の方はもちろん、いちごが大好きなお子様にもおすすめの商品です。ピンク色なのでデコレーションアレンジしても可愛いです。

▶ 商品の一覧はこちらから

 


 

【第2位】ポッキー極細

 

おすすめの販売中ポッキー第2位は「ポッキー極細」です。

ポッキー極細は、プレッツェルの部分を通常のポッキーチョコレートよりも細く仕上げた商品です。プレッツェルを敢えて細くすることで、チョコレートの部分を多くすることができ濃厚な味わいで、歯触りの良いポッキーに仕上がっています。

チョコレートの量が増えてもくどい味わいにならないよう、チョコレートの味を少しビターで大人っぽい味に改良してあるので、食べだすと止まらない一品です。

▶ 商品の一覧はこちらから

 


 

【第1位】ポッキー チョコレート

 

おすすめの販売中ポッキー第1位は「ポッキーチョコレート」です。

ポッキーチョコレートは、ポッキーが発売された1966年から変わらず大人気の商品です。時代によって、チョコレートの味は変えられていますが、美味しさを追求したポッキーになっています。プレッツェルとチョコレートのバランスも良く、どのポッキーを買うのか迷った時には、断然このポッキーがおすすめ!

▶ 商品の一覧はこちらから

 

 

まとめ  

 

今回は江崎グリコが1966年から作りつづけているロングセラー商品「ポッキー」について詳しくご紹介してまいりましたが、いかがだったでしょうか。シンプルだけで非常に魅力に溢れたチョコレートお菓子だということが、ご理解いただけたことだと思います。

懐かしい定番フレーバーのポッキーから、高級志向のこだわりポッキーまで多数の種類が登場しておりますので、この機会にポッキーを改めて味わってみてはいかがでしょうか?ぜひ、お好みのポッキーを見つけてみてくださいね。

 

 


 

 

随時更新していますので

お気軽にフォローよろしくお願いします♩

 

 facebook  instagram  twitter

記事| 2021年11月13日 | グルメポッキーオススメ