私たち、ZenMarketはロシアの侵略に抵抗しているウクライナを支援します。 詳しくはこちら をクリック。
| |

日本製の電気毛布でぽかぽか!用途に合わせて選べる電気毛布TOP4

 

冷え性の方や通常の毛布では「なかなか体が温まらない!」「ぽかぽか感が足りない!」と感じられる方におすすめなのが電気毛布♩自分が毛布を掛けた範囲だけが温まるので、省エネにもつながるのが嬉しいです。

本記事では、そんな電気毛布の中から好みに合う理想にぴったりな1点をお探しいただけるよう、電気毛布を選ぶ際のチェックポイントなどを、おすすめの電気毛布TOP4と併せてご紹介してまいります。どうぞ最後までお付き合いください!

 

 

  

電気毛布の初登場はいつ?

 

現代では電気毛布があって当たり前ではありますが、日本に電気毛布が初登場したのは一体いつ頃だと思われますか?

日本の電気毛布の歴史を調べてみると、昭和30年ごろに日本初の電気毛布が登場したそうです。当時の電気毛布は、温度の調節が10段階で切り替えられる仕様になっており、価格が約13,000円と現代においても当時においてもちょっとお高め。

使い慣れない新商品であったため低温やけどなども報告されていたようです。それから60年以上経った現代では、様々な改良・改善がなされ、いろいろなタイプの電気毛布が普及しています。便利さを追求した現代の電気毛布は、非常に快適に使用できますよ。

 

  

電気毛布を選ぶときのポイント

  

寒い時でも電源を入れると一瞬で暖まる「電気毛布」ですが、一度便利さを知ると手放せないものです。とはいえ一口に電気毛布といっても、ひざ掛けサイズ、大判サイズ、敷き用サイズまで本当にさまざまな種類が登場しています。

とはいえ、一体どれが良いのかと考えてしまいますよね。ここでは電気毛布を選ぶ際に注目したいポイントを5つご紹介してまいりますので、一緒にチェックしてみましょう!

 

 

1. 掛け式・敷式どちらかで選ぶ

 

1つ目の注目ポイントは「掛け式・敷式どちらが良いのか」というところです。

掛け式はコンパクトなサイズ感でぱっと手軽に使用でき、敷式は寝る時もぬくぬく暖かい状態を保てます。どちらもしっかりと保温加熱をしてくれるので寒い時期も乗り切れそうです。

電気毛布の中には、掛け式でも敷式でも使える兼用タイプも登場しています。どのような用途で電気毛布を使用したいのかを事前にイメージしてから購入するようにしてみましょう。

 


 

2. リモコンの性能で選ぶ

 

2つ目の注目ポイントは「リモコンの性能」です。

どの電気毛布にも基本的にはリモコンが付属していますが、リモコンで操作できることは製品ごとにかなり異なります。スイッチのオンオフのみが切り替えられるタイプや、細かな温度調節まで行えるタイプ、液晶表示有り無しのタイプなど様々です。

操作可能な性能はもちろん、リモコン操作性などもチェックして、使用しやすい製品を選びましょう。おすすめは「温度調節が細かく選べる」タイプのもの!温度調節が細かくできると、丁度いい温度帯で電気毛布を使用できるので非常に便利です。

 


 

3. 毛布の素材で選ぶ

 

3つ目の注目ポイントは「毛布の素材」です。主な毛布の素材としては、以下のような素材が挙げられます。

  • 綿素材 / 肌触りが良い・吸水性が高い
  • ポリエステル / 手ごろな価格帯・丈夫な生地
  • アクリル / 保温性が高い・シワになりにくい
  • マイクロファイバー / 柔らかな肌触り・速乾性が高い


それぞれの素材でかなり特徴が異なるので、上記を見て好みの素材を選ぶようにしましょう。長く使うものなので、気に入った手触りの製品を選ぶのがおすすめです。

 


 

4. その他機能の充実度で選ぶ

 

4つ目の注目ポイントは「その他機能の充実度」です。

「タイマー機能」「ダニ退治モードの有無」などその他機能が備わっているかを確認してみましょう。電気毛布は夜の睡眠時など長時間にわたって使用する物なので、タイマー機能があると設定した時間で自動的に電源オフになってくれるので安心です。

またダニ退治モードがあれば、長期間電気毛布を使用したとしても、ダニが発生しにくいため衛生的です。ダニ退治モードが無かったとしても、50℃以上の温度設定ができるタイプであれば、同様の効果が得られるので考慮しましょう。

 


 

5. 温まるスピードで選ぶ

 

5つ目の注目ポイントは「温まるスピード」です。

電気毛布は、毛布内の電熱線の配置で温まるスピードが異なるのですが、見た目では判断し辛いのが難点です。購入前にインターネットで、検討されている製品のクチコミを調べてみたり、製品説明をよく見るなどして、参考にしてみましょう。

 

  

電気毛布は日本製が断然おすすめ!

 

電気毛布を買うのであれば、日本メーカーの毛布がおすすめです!

サイズのバラエティが豊富なのももちろんですが、毛布の素材にこだわった製品が多いのが特徴的。海外製品では、なかなか見つけられない 「ふわふわ」「もこもこ」素材の手触りが良い製品からも選べます。

また、デザインにおいてもシンプルなものから、可愛らしいもの、キャラクターコラボのものまで様々です。形状においては、最近だと体全体を包み込んでくれる着る毛布なども登場しており、斬新な製品が増えています。

 

  

日本製おすすめ電気毛布TOP4

  

日本の電気毛布ですが、さまざまな販売元から豊富な種類が登場しています。サイズ感やデザインが違うのはもちろん、製品ごとに持つ特徴も異なるため、よく確認してご自身に合ったものを探してみましょう。

それでは、おすすめの電気毛布をランキング形式で4つ厳選紹介して参ります。電気毛布ごとに注目ポイントも併せてコメントしておりますので、よく見比べてご検討くださいね♩

 

 

【第4位】パナソニック 電気かけしき毛布

パナソニック 電気かけしき毛布

おすすめの電気毛布第4位は「パナソニック 電気かけしき毛布」です。

こちらは、マイクロファイバー素材の柔らかい電気毛布になります。電熱線はムラなく行きわたっていますが、温度があまり上がらない欠点があります。ただ、毛布自体を丸洗いできるので、衛生面はかなり高得点です。

▶ 商品の一覧はこちらから

 


 

【第3位】山善 FUWARI 電気掛敷毛布

 

おすすめの電気毛布第3位は「山善 FUWARI 電気掛敷毛布」です。

こちらの製品は、表と裏で違う素材にしてあるところがポイントです。長めの毛足のふわふわ感と、短めの毛足の柔らか感を両方楽しむことが出来ます。

電熱線もムラなく張り巡らされていて、足元を重視して組み込まれているため、かなり暖かく感じます。こちらも丸洗いOKで、かなり便利です。

▶ 商品の一覧はこちらから

 


 

【第2位】広電 リフォン 電気かけしき毛布

 

おすすめの電気毛布第2位は「広電 リフォン 電気かけしき毛布」です。

こちらの毛布は、リモコンの機能が充実しています。タイマー機能で好きな時間にオン・オフの設定が可能。8段階の温度設定が出来るので、かなり細かく好みの温度を探しやすいでしょう。

足元にもムラなく電熱線が張り巡らされているので、全身がポカポカになります。ダニ退治モードもついているので、ダニが発生しにくい環境を作ることも出来ます。素材もポリエステル100%ということで、強度も柔らかさも文句なしといったところでしょう。

▶ 商品の一覧はこちらから

 


 

【第1位】日立 電子コントロール毛布

おすすめの電気毛布第1位は「日立 電子コントロール毛布」です。

こちらの毛布は、掛け式でも敷式でも使える便利なタイプです。ベロア調の素材を使っていて、かなりすべすべした肌感覚になります。リモコンの温度設定も「スライド式」なので、微調整をすることも可能。

その他、タイマー機能はもちろん、ダニ退治モードまで揃っているので、最高に快適な夜を過ごせるでしょう。どれを買うのか迷ったら、間違いなくこれがおすすめです。

▶ 商品の一覧はこちらから

 

  

まとめ 

 

肌寒いけどエアコンをつける程でもないといった時、さっと手軽に使える電気毛布が1枚あれば便利なものです。ヒーティング機能のない一般的な毛布をお持ちの方は多いと思いますが、ぜひこの機会にワンランクグレードアップされてみてはいかがでしょうか?

今回は、おすすめの日本製電気毛布だけを厳選してご紹介してまいりましたが、お楽しみいただけましたら幸いです。高品質でお気に入りの電気毛布を手に入れて、寒い冬も暖かに乗り越えましょう◎

 

 

 


 

 

随時更新していますので

お気軽にフォローよろしくお願いします♩

 

 facebook  instagram  twitter

記事| 2021年11月20日 | 電気毛布電気ひざ掛けオススメ