ブラックフライデー・サイバーマンデー SALE!詳細はこちら 利用手数料が66%オフ - 11/30までの限定開催
| |

日本製の空気清浄機がオールシーズン大活躍!日本製の空気清浄機・加湿器TOP5

 

乾燥や籠った空気はいつの季節でもお肌や健康の大敵!それを簡単に解決してくれるのが「空気清浄機」「加湿器」なんです。必要不可欠な空気だからこそオールシーズン最適な状態を保っておきたいですよね。

大きさは大小さまざまで、機能性も多岐にわたる最新の空気清浄機・加湿器ですが、一家に一台は欲しいところです。本記事では、空気清浄機・加湿器の購入を検討されている方にもご参考にしていただける、選ぶ際にチェックしたいポイントなどを、おすすめの空気清浄機・加湿器TOP5と併せて解説していきます!

 

 

 

空気清浄機・加湿器は全5タイプ

 

空気清浄機・加湿器は、大きく分けて5つに分類することができます。

種類ごとに性能が異なるので、使用シーンや場所に合わせて選ぶのが良いでしょう。それぞれのタイプごとに一体どのような違いがあるのかをサクッと簡単にご紹介していきます♩  

 

 

1. 空気清浄機

 

1つ目の種類は「空気清浄機」です。

空気清浄機は、室内の埃や花粉、ハウスダストなどを除去してくれる空調機器です。室内の空気をきれいにすることに特化した性能を持っており、臭いを感じた場合のケアまでもを行ってくれます。シンプルなものをお探しの方におすすめの機器です。

 


 

2. 加湿空気清浄機

 

2つ目の種類は「加湿空気清浄機」です。

加湿空気清浄機は、空気清浄機に「加湿機能」をプラスした空調機器です。加湿機能をプラスすることで、冬場の乾燥した空気の中でもウイルスなどが拡散しにくい環境に整えてくれます。室内の乾燥が気になる方におすすめです。

 


 

3. 徐加湿空気清浄機

 

3つ目の種類は「徐加湿空気清浄機」です。

こちらは、空気清浄機に除湿機能と加湿機能をプラスした空調機器です。加湿機能は冬場にしか使いませんが、除湿機能があれば、梅雨時期などの夏場にも使うことが出来ます。徐加湿空気清浄機であれば、通年使用できるのが嬉しいですね。

 


 

4. 脱臭機

 

4つ目の種類は「脱臭機」です。

脱臭機は室内の臭いを取り除く為に作られた空調機器です。室内に籠った臭いはもちろん、臭いの原因となる雑菌やウイルスまでも取り除く効果があります。脱臭方法は、各メーカーごとに異なりますので、機能面を注意して選ぶのがポイントです。

 


 

5. 加湿器

 

5つ目のパターンは「加湿器」です。

加湿器は空気清浄機の機能はありませんが、室内の湿度を安定させるために使用されます。冬場の乾燥した空気も湿度を高めることで、ウイルスや雑菌の活動力を収めることが可能になります。その他にも、乾燥に弱い木製のインテリアなどの強い味方ともなってくれるでしょう。

 

  

空気清浄機・加湿器を選ぶときのポイント

  

空気清浄機・加湿器と言えど、各社から様々な製品が出ていますので、一体どの製品が良いのか、違いは何なのかと考えてしまいますよね。まずは機器の性能で選び、プラスアルファでご紹介する項目をチェックしておきましょう!

 

 

1. 部屋の広さをチェック

 

1つ目のポイントは「部屋の広さのチェック」です。

空気清浄機には、どれくらいの部屋の広さに適しているかが必ず記載されています。通常、記載されている広さの部屋を30分程度で空気洗浄してくれるという目安で表示されています。短時間で効果を得たい場合には、ワンランク大きめのサイズの空気清浄機を買うのがベターです。

 


  

2. フィルターの性能をチェック

 

2つ目のポイントは「フィルターの性能」です。

空気清浄機が取り除いてくれる空気中の汚れには、ハウスダスト、花粉、黄砂などがあります。特に黄砂などは1マイクロメートルと極小サイズとなるため、気になる方は高性能フィルターが搭載されている機器がおすすめ。特に「HEPAフィルター」などの高性能なフィルターが付いているモデルを探してみてくださいね。

 


  

3. フィルターの寿命をチェック

 

3つ目のポイントは「フィルターの寿命」です。

フィルターの寿命はさまざまで、半年程度から10年まで耐用できるものまであります。フィルターの寿命が長ければ長いほど、メンテナンスの手間も省けるので、可能な限り寿命が長いタイプを選ぶのが吉。

 


   

4. 自動クリーニング機能をチェック

 

4つ目のポイントは「自動クリーニング機能」です。

空気清浄機の中には本体の「プレフィルター」についた汚れを自動で清掃してくれるタイプもあります。プレフィルターの清掃は通常であれば、2週間に1回は行わなければなりません。メンテナンスが殆ど不要な為、掃除に時間を割きづらい方におすすめです。

 

 

日本のおすすめ空気清浄機・加湿器TOP5

  

日本の空気清浄機・加湿器ですが、さまざまなメーカーから豊富な種類が登場しています。メーカーごとに強みが違うのはもちろん、製品が持つ特徴も異なるため、よく確認してご自身に合ったものを探してみましょう。

それでは、日本のメーカー各社が作っているおすすめの空気清浄機・加湿器TOP5をランキング形式でご紹介して参ります。各製品ごとの注目ポイントも併せて解説しておりますので、よく見比べてご検討くださいね♩

 

 

【第5位】ドウシシャ KMWV-301C

 ドウシシャ KMWV-301C

おすすめ製品第5位は「ドウシシャ KMWV-301C」です。

本製品は、ウイルスや菌の機能を低下させるクレベリンLEDを搭載した加湿器です。コンパクトなサイズで木造であれば5畳、鉄筋コンクリートであれば8畳の部屋まで対応しています。四角くスタイリッシュなデザインで、お部屋の景観を邪魔しないのも嬉しいです。

▶ 商品の一覧はこちらから

 


 

【第4位】日立 空気清浄機(加湿機能付)EP-ZN30S-W

 日立 空気清浄機(加湿機能付)EP-ZN30S-W

おすすめ製品第4位は「日立 空気清浄機(加湿機能付)EP-ZN30S-W」です。

本空気清浄機は、5畳から8畳程度のお部屋サイズにぴったりの1台です。薄型でコンパクトなデザインなので、設置しても目立ちにくいところがポイントです。空気の汚れを感知するニオイセンサーが搭載されているので、脱臭機能も抜群!

▶ 商品の一覧はこちらから

 


 

【第3位】パナソニック 空気清浄機(加湿機能付)F-VC70XT-K

 パナソニック 空気清浄機(加湿機能付)F-VC70XT-K

おすすめ製品第3位は「パナソニック 空気清浄機(加湿機能付)F-VC70XT-K」です。

本製品は、パナソニック独自の空気清浄技術「ナノイーX」が搭載されているモデルです。花粉やPM2.5などの微粒子まで全て取り除くことが出来るので、快適な空間作りに一役買ってくれることでしょう。専用のアプリと連動してお手入れ情報などを管理できるのも便利です。

▶ 商品の一覧はこちらから

 


 

【第2位】ダイキン 空気清浄機(加湿機能付)MCK70XJ-T

 ダイキン 空気清浄機(加湿機能付)MCK70XJ-T

おすすめの製品第2位は「ダイキン 空気清浄機(加湿機能付)MCK70XJ-T」です。

本製品は「TAFUフィルター」という特殊な独自フィルターを搭載したモデルです。HEPAフィルターは、10年間フィルター交換をしなくてもOKなので長く使える製品をお探しの方におすすめ。有害物質を分解してくれる「ストリーマ機能」も搭載されている、高性能な1台です。

▶ 商品の一覧はこちらから

 


 

【第1位】シャープ 空気清浄機(加湿機能付)KI-NP100-W

 シャープ 空気清浄機(加湿機能付)KI-NP100-W

おすすめの製品第1位は「シャープ 空気清浄機(加湿機能付)KI-NP100-W」です。

本製品の最大の特長は、シャープ独自の技術「プラズマクラスター」を搭載しているところです。プラズマクラスターが搭載されたことにより、浮遊カビ菌や浮遊アレル物質、静電気の抑制や除菌、消臭など多数の効果を得ることが出来ます。どの製品がいいか迷われる場合は、万能な活躍を見せる本製品がおすすめです。

▶ 商品の一覧はこちらから

 

  

まとめ

 

加湿や消臭、新鮮な空気への入れ替えなどなど、さまざまな用途に大活躍の空気洗浄機・加湿器。必要不可欠なものだからこそ、手を抜かずに最適な環境作りをしていきたいところです!

今回は、おすすめの日本製空気清浄機・加湿器だけに絞ってご紹介してまいりましたが、いかがだったでしょうか?どのモデルも使い勝手が良く高性能な製品ばかりです。ぜひ、この機会に空気清浄機・加湿器を手に入れてみましょう♩

 

 

 


 

 

随時更新していますので

お気軽にフォローよろしくお願いします♩

 

 facebook  instagram  twitter

記事| 2021年10月9日 | 空気清浄機加湿器オススメ