ブラックフライデー・サイバーマンデー SALE!詳細はこちら 利用手数料が66%オフ - 11/30までの限定開催
| |

日本製のドライヤーでヘアケア!最新の日本製ヘアドライヤーTOP5

 

お風呂上がりに、スタイリングにと、大活躍のヘアドライヤーはお持ちですか?髪を乾かさずにいると痛みの原因に繋がったり、寝癖で髪がボサボサになっているという状況にならないためにも1台はマストで持っておきたいところです。

最新のヘアドライヤーはとても進化しており、ただ温冷風が出るだけのヘアドライヤーとは一線を画します。マイナスイオン効果で髪が痛まないようなドライヤーや、軽量化が進んで長時間手持ちしても疲れにくいドライヤーなど様々なんです。

本記事では、ヘアドライヤーの購入を検討されている方にもご参考にしていただける、ドライヤーを選ぶ際のポイントなどを、日本の人気ヘアドライヤーTOP5と併せて解説していきます!高品質な日本のヘアドライヤーで髪のケアをしてみましょう~◎

 

  

ヘアドライヤーの大分類は2つ

 

ヘアドライヤーには、大きく分けて2つの種類があります。

一般的にドライヤーと称される冷温風が出る「ヘアドライヤー」と、ブラシが一体化しスタイリングを実現する「カールドライヤー」です。それぞれどのような違いがあるのか?種類別にサクッと簡単にご紹介していきます♩ 

 

 

ヘアドライヤー

 

1つ目の種類は、ごく一般的な「ヘアドライヤー」です。

ご存知の通り、先端部分から風が出力されるようになっていて、髪を乾かすために作られた製品です。温風・冷風に切り替えられるのはもちろん、強弱も変えられるので用途に合わせて使うことができます。

 


 

カールドライヤー

 

2つ目の種類は「カールドライヤー」です。

カールドライヤーは「ヘアアイロン」の一種としても分類されますが、髪を乾かしながらスタイリングをする為に作られた製品です。
ドライヤーとブラシを両手に持ってスタイリングするのが苦手という方は、両方の要素が合体したカールドライヤーがおすすめ!髪にボリューム感を付けたい時にもぴったりです。

 

  

ヘアドライヤーを選ぶときのポイント

 

ヘアドライヤーと言えど、各社から様々な製品が出ていますので、一体どの製品が良いのか、違いは何なのかと考えてしまいますよね。そこで、実際にヘアドライヤーを購入する際に気をつけたいポイントをご紹介していきます。お気に入りの一台を探してみましょう!

 

  

1. ヘアドライヤーの出力で選ぶ

 

1つ目のポイントは「ドライヤーの出力で選ぶ」ということです。

一般的なヘアドライヤーの風量は、3分あたり1.3mの風量ですが、高出力なドライヤーであれば、3分あたり1.5mの風が起こせるものもあります。大きな風量を起こせるドライヤーを使用することで、早く髪を乾かすことが可能に。

また、温風の温度も140℃から60℃程度までと非常に幅広いです。高温の温風が出力されるモデルを使用すれば、早く髪が乾く反面、うまく使いこなせないと髪を傷めてしまう原因にもなるので、使用温度に気を付けて選びましょう。

 


 

2. 髪に優しいヘアドライヤーを選ぶ

 

2つ目のポイントは「髪に優しいヘアドライヤーを選ぶこと」です。

髪に優しい機能として有名なのは「マイナスイオンが出力されるタイプ」です。ドライヤーの出力から、マイナスイオンが同時に発生させられるので、髪にツヤや潤いを与えることが出来ます。
また「スカルプモード」を搭載した製品では、60℃程度の低めの温度で頭皮に負担をかけることなく髪を乾かせるのが嬉しいです。

さらに「遠赤外線機能」を搭載したモデルも登場しており、髪を内部からじわっと温めることで、頭皮の血行促進にも繋がり、髪を健康な状態に維持しやすくなるような製品もあります。髪質に合わせた一台を選ぶようにしましょう。

 


  

3. ヘアドライヤーのサイズで選ぶ

 

3つ目のポイントは「ヘアドライヤーのサイズ」です。

どんなに高性能なヘアドライヤーを買ったと言っても、乾かしている途中に腕が疲れているようなサイズ感だと、毎日使用するのが億劫になってしまいますよね。そこで、毎日使っても苦痛にならない程度のサイズ・重量かという点が非常に重要になってきます。

また、ヘアドライヤーを旅行に行く際にも持っていくことを想定し、大きすぎないコンパクトなデザインのヘアドライヤーを検討するのも良いでしょう。使い分けたい場合は、普段用と携帯用のドライヤーの2台を手に入れるのが吉◎

 


 

4. ヘアドライヤーの音で選ぶ

 

4つ目のポイントは「ヘアドライヤーの音」です。

ヘアドライヤーは、利用されるモデルにもよりますが使用中にかなりの音を発します。もし、深夜や早朝の時間帯など静かな環境で使用することが想定される方は、静穏性の高いヘアドライヤーを選ぶことがおすすめです。最近では、しっかり目の風量だけど音が小さいというモデルも沢山登場しているので、使用シーンを想像しながら選んでみてくださいね。

 

  

日本製のヘアドライヤーがおすすめな理由

 

ヘアドライヤーは断然日本製品がおすすめです!海外製はヘアケアブランドで有名なメーカーからドライヤーが登場していますが、髪質の違いから使用すると髪が傷んでしまうモデルも多いのが現状です。

特に安価な海外製ドライヤーは温度調節の機能などすら付いていない製品も多く、細やかな設定と豊富な機能性を持つ日本製のドライヤーと比べるとクオリティは雲泥の差です。

加えて、日本のメーカーは日本人の髪質を知り尽くしているため、日本人の髪質に合わせたドライヤー開発しています。そういった面から見ても、圧倒的に日本製のヘアドライヤーがおすすめだと言えますね!

 

  

日本のおすすめヘアドライヤーTOP5

  

日本のヘアドライヤーですが、さまざまなメーカーから豊富な種類が登場しています。メーカーごとに強みが違うのはもちろん、製品が持つ特徴も異なるため、よく確認してご自身に合ったものを探してみましょう。

それでは、日本のメーカー各社が作っているおすすめのヘアドライヤーTOP5をランキング形式でご紹介して参ります。各ヘアドライヤーごとの注目ポイントも併せて解説しておりますので、よく見比べてご検討くださいね♩

 

 

【第5位】コイズミ ダブルファンドライヤー KHD-W765

コイズミ KHD-W765 

おすすめのヘアドライヤー第5位は「コイズミ KHD-W765」です。

こちらのドライヤーは、1分間に2.2mもの風力を誇る大風量でパワフルな一台。風量は5段階に調節することができるので、乾かす部位や髪の量によって好きな風量で使うことができるのも嬉しいです。従来の半分の時間で髪を乾かせるので時間短縮したい方にもおすすめ!

▶ 商品の一覧はこちらから

 


 

【第4位】マクセルイズミ CALEA 復元ドライヤー DR-RF365

マクセルイズミ CALEA 復元ドライヤー DR-RF365 

おすすめのヘアドライヤー第4位は「マクセルイズミ CALEA 復元ドライヤー DR-RF365」です。

こちらの製品は「復元」というネーミングの通り、髪を元のきれいな状態に復元してくれるドライヤー。独自のマイナスイオン効果と、遠赤外線効果で、髪だけでなく肌にまで優しい次世代のドライヤーです。髪の痛みが気になる方には特におすすめの一台!

▶ 商品の一覧はこちらから

 


 

【第3位】テスコム プロテクトイオン ヘアードライヤー TID2400

 

おすすめのヘアドライヤー第3位は「テスコム プロテクトイオン ヘアードライヤー TID2400」です。

こちらの製品は、500mlペットボトルよりも軽いという軽量が売りのドライヤーです。毎日使っても全く苦ならない重さで、ロングヘアの方でも疲れることなく使用できるのが嬉しいです。軽くても大風量でしっかりと髪を乾かすことができるので家族みんなで使いたい一台です。

▶ 商品の一覧はこちらから

 


 

【第2位】シャープ プラズマクラスタードレープフロードライヤーIB-WX2

 

おすすめのヘアドライヤー第2位は「シャープ プラズマクラスタードレープフロードライヤー IB-WX2」です。

こちらの製品は、先端ノズルが短いく左右両方から風が出るという独自の設計をしています。本体の左右両方から同時に温風が出力されるため、抜群の速乾力です。
また、Blue toothで専用のアプリと連動することが可能で、自分好みのドライモードをカスタムすることが出来るところもポイント!

▶ 商品の一覧はこちらから

 


 

【第1位】パナソニック ヘアードライヤー ナノケア EH-NA0G

 

おすすめのヘアドライヤー第1位は「パナソニック ヘアードライヤー ナノケア EH-NA0G」です。

こちらの製品は、パナソニック独自開発の「高浸透ナノイー技術」が使われています。ナノイー技術で髪の内側にしっかりと水分を与えることで潤いを与えることができます。加えて、キューティクルの密着性を高めることのできる本製品は、カラー剤の流出を防ぐことで、髪色を長持ちさせてくれる効果もあります。

▶ 商品の一覧はこちらから

 

  

まとめ  

 

髪質は本当に人それぞれですよね。髪が傷んでいる方も、ボリュームが気になるという方も、使用するドライヤー次第で髪質が驚くほどに変化するなんてことも。自分の髪の悩みに合わせて製品を選ぶと良いかもしれませんね!

最新の日本製のヘアドライヤーだけに絞ってご紹介してまいりましたが、いかがだったでしょうか?どのモデルも使い勝手が良く高性能な製品ばかりです。ぜひ、この機会に新しいヘアドライヤーを手に入れてヘアケアにこだわってみましょう♩

 

 


 

 

随時更新していますので

お気軽にフォローよろしくお願いします♩

 

 facebook  instagram  twitter

記事| 2021年10月2日 | ヘアドライヤーオススメファッション