【楽天グローバルマーケット閉鎖】これからの越境ECの始め方

 

楽天グローバルマーケット閉鎖が決定

楽天は越境ECサービス「Rakuten Global Market(楽天グローバルマーケット)」のサービス提供の終了を発表しました。

今後は、より成長性の高い事業へと注力していき、最終的には様々な海外モールと楽天とが戦略提携し国内の商品を販売する「海外パートナー旗艦店」事業へと取り組んでいく予定の模様です。

楽天グローバルマーケット

 

終了に伴う越境ECに対する影響

楽天グローバルマーケットの終了に伴い、これまでサービスを通じて海外顧客に向け販売を行ってきた出店者や中小企業には、今後一体どのような影響が出てくるのでしょうか?

国内販売でのニーズを見出すのが難しい商品でも、国外での需要が高い商品などが多数ある事から、少なからず打撃を受けることとなるのではないでしょうか。

 

越境ECの市場規模とは

インターネットやSNSなど情報の多様化をはじめ、国際物流システム、多言語対応、他通貨含む決済機能の充実などから、世界的に売り上げは右肩上がりに伸びており、世界のインターネット通販全体の取引額における越境ECの取引額のシェアが3割近くなると予測されています。

日本国内だけでなく、海外へと販路を拡大することで新たな顧客層を掴むことが可能となり、事業拡大へのきっかけとなり得るかもしれません。しかしながら、同市場に参入しようとする競合他社も増えることが予想されますので、早めに越境ECへと参入することをお勧めします。

 各国越境EC市場規模推計(2015年~2019年)
引用元:ECのミカタ

  

これからの越境ECの始め方

自社でECサイトを作成したり、海外のECモールでの販売も可能ですが、言語やサイト制作など大きな壁があることは否めません。また事業を立ち上げた後も、難しい関税手続きや英語での発送物リスト作成など、専門の知識を持った人がいなければ苦労することも多いでしょう。

そこで、オススメしたいのがゼンマーケット提供の越境ECモールゼンプラス(ZenPlus)です!
ゼンプラスは、出店者と購入者の仲介の場となるような越境ECモールのことで、出店者の方はゼンプラスの日本人スタッフと日本語のみでやり取りをするだけなので安心です。基本的には前述の楽天グローバルマーケットと同様のシステムにて商品を海外のお客様へと販売することが可能なので気軽にお試しいただけます。

 

商品が売れるまで費用がかからず初期費用、月額費用、掲載料は、すべて0円。注文が確定してはじめて手数料が発生します。お客様に商品が売れた場合にはゼンプラスの倉庫へと商品を発送するだけなので、日本国内に販売するような感覚で簡単に始められます。

 

また英語、日本語、中国語(繁体字・簡体字)、ロシア語、ウクライナ語、スペイン語、フランス語、マレーシア語、ベトナム語の10カ国語に対応しているので幅広い顧客へとリーチすることが出来るので、今後の可能性を広げる事にもつながります!

  

最後に

販売する越境ECモールの情報や越境ECで販売する上での戦略の練り方など、まだまだ情報が少なく取り組むのが難しく感じる部分が多く、参入してみたいけど自分には難しいのではと思ってる方にこそ、是非ゼンプラスの越境ECモールをお試しいただきたいです。
ノーリスク・ハイリターンで誰にでも挑戦できるチャンスがある今こそ、一歩踏み出してゼンプラスと一緒に販路を世界へと広げてみませんか?

詳しいご案内や詳細をご希望の方は、こちらのページ下部のお問い合わせからお気軽にお問い合わせください!

 

 


 

 

随時更新していますので

お気軽にフォローよろしくお願いします♩

 

 facebook  instagram  twitter

記事| 2020年6月22日 | zenplus楽天グローバルマーケット越境EC