12月日本公開予定「ソニック・ザ・ムービー」

 

 

1991 年に記念すべきゲーム1作目が
株式会社セガ・エンタープライゼス(現・株式会社セガゲームス)から発売され
革新的なゲーム性と音速で走る青いハリネズミ「ソニック」のクールな姿に
日本はもちろん、世界のゲームファンの心をつかみ続ける
「ソニック・ザ・ヘッジホッグ」シリーズ(^^)

アメリカの映画配給会社「パラマウント・ピクチャーズ」と
日本を代表するゲームメーカー「セガ」が同社の人気キャラクターである

 

ソニック・ザ・ヘッジホッグ
実写映画を製作することを決定!

 

映画『ソニック・ザ・ムービー』の全米公開予定は2019年11月。
気になる日本公開予定は、全米から1か月遅れた2019年12月となりました♩

 

ソニック・ザ・ムービー 

 

 

任天堂マリオと並び、世界で人気があるゲームキャラクターの
「ソニック」が実写映画化されるということで、
ファンの間では不安と期待と共に大きな話題を呼びました!

 2014年の実写映画製作発表から5年が経過した、
2019年4月30日には初のトレイラー映像を発表♩

 

ソニック・ザ・ヘッジホグ初のトレイラー

 

 

トレイラー映像が解禁されると瞬く間にSNSで広く拡散され、
7月10日時点でYoutubeでのトレーラー再生回数は約3千万回越えの結果に(^^)
ですが、当初はファンを落胆させる内容が動画に含まれていました。

主人公ソニックのキャラクター
デザインに少し問題が...!

ソニックのキャラクターデザイン

 

 

デフォルメ化されたキャラクターデザインで
長年愛されてきたソニックが実写映画の中では
人間に寄せたリアル過ぎるデザインへと生まれ変わったからです。

リアル過ぎるキャラクターデザインに対し、
ソニックファンは「
手足が長く伸びすぎていること」や
「目のデザインが左右が繋がらずに間隔が空いていること」など
元来のデザインとはかけ離れた見た目に困惑したようです...

 

リアルすぎるキャラデザイン

 

デジタルアーティストのEdward Punが、
自信のTwitterへオリジナルのデザインに近づけた修正案を投稿。
拡散され多くのソニックファンから賛同を得ました(^^)

 

キャラクターデザインの修正案

   

また、今回のデザインについてソニックの産みの親、
大阪府枚方市出身のゲームクリエイターである
中裕司氏も自身のTwitterでこう言及しています。

 

「良くない方向で話題になるとソニックのIPを
毀損して行くことになるので良くないですよね。
まあファンメイドの可能性もありますが、
しかし手袋は付けて欲しいですね。
素手が白いのは衝撃的です。」

 

生みの親までもが苦言を呈する、
実写映画ソニック・ザ・ムービーへのファンからの声に、
遂に製作陣も反応をするようになります。

映画のエグゼクティブ・プロデューサー、
ティム・ミラー氏(代表監督作品「
デッドプール」)は、
リアルなデザインを起用した理由として、

 「実写ということで、現実世界にソニックを違和感なく溶け込ませる必要があった。
そのため、ソニックの肌を動物の毛皮のように表現したのだ。」

「今回のリアル過ぎるキャラクターデザインは
”変わったことをしよう”と考えたわけでは決して無く、
現実世界に溶け込ませるために現実の生き物に近づけたのだ」と語ります。

 

一連の騒動を受け監督のジェフ・ファラー氏は
「ファンの方々がデザインに満足せず変更を望んでいるなら、
その願いは実現するでしょう。」

「(制作者である)パラマウントとセガは
このキャラクター(ソニック)がベストになるよう力を尽くします。」

とソニックのキャラクターデザインを変えることを
約束することを自身のTwitterで述べたようです(^^)

 

ソニック・ザ・ムービー

 

12月の映画公開予定まであと約半年、
一体どんな作品になるのか今から楽しみですね♩

ゼンマーケットではソニックのグッズやゲームなども
取り扱っておりますので是非こちらからどうぞ!

 

 

 


 

 

随時更新していますので

お気軽にフォローよろしくお願いします♪

 

 facebook  instagram  twitter

記事| 2019年7月10日 | ソニック映画オススメ