最新情報新型コロナウイルス感染症の影響に関して  詳細はこちら

A BATHING APEの創始者NIGO

 日本を代表するファッションブランド

世界で活躍し名前を轟かせている日本人は沢山いますが、その中でもファッション業界に特化した場合、一体だれが大きな影響力を持っているという印象がありますか?

下記写真左から「ヨウジヤマモト」の創設者・山本耀司氏、コムデギャルソン」の創設者・川久保玲氏、ISSEY MIYAKE」の創設者・三宅一生氏など、実は日本人が生み出したファッションブランドって数多く存在するんです。

ファッションの本場で開催されるパリコレにも参加しており、洗練された独創性のあるデザインはどの世代が身に着けても、カッコよく美しくまとまります。

ヨウジヤマモト、コムデギャルソン、イッセイミヤケ

 

そんなハイファッションブランドとは別に、日本で初めて高級ストリートファッションというジャンルを生み出したのがNIGO(ニゴー)こと長尾智明氏。
猿のキャラクターデザインが印象的な「A Bathing Ape」の生みの親でもあり、音楽プロデューサーでもある彼に、本記事ではFeatureし徹底深掘りしてまいります!

 

 

ブログ記事目次

 

 

NIGO(ニゴー)とは

 

ストリートファッションのジャンルで世界的に大きな影響力を持つ日本人デザイナーと言えば、NIGO(ニゴー)が挙げられます。

そんな彼の本名は長尾 智明(ながお ともあき)、群馬県出身のA型。
本名ではなくNIGOの名で活躍しており、その活動名の由来はファッションデザイナーである「藤原ヒロシ」に顔が似ていたことから「藤原ヒロシ2号」と呼ばれるようになり、そのうち「2号=ニゴー=NIGO」となりました。

NIGOの活躍はファッションプロデュースだけに留まらず、DJや、音楽プロデューサーとしても積極的に活動。またファッションの名門「文化服装学院」を卒業の経歴を持ちます。

NIGOこと長尾智明

 

世界的ブランド誕生の瞬間

1993年、友人でアンダーカバーのデザイナーである高橋盾(たかはし じゅん)と共に「NOWHERE」というアパレルセレクトショップを設立。当初は買い付けなどを行いセレクトショップとして店舗運営していましたが、周辺で同様の店が増えてきたことからオリジナル商品をデザインするファッションブランドの制作を開始。
ファッションブランド「A BATHING APE」誕生の瞬間です。そこからNIGOの活躍は国内外へと名を轟かせるように..!

A BATHING APE ロゴ

 

90年代「原宿通り」の南北に伸びたエリア周辺は、賃料の安さから新進気鋭の若いデザイナーが集結し店を構え、GOODENOUGH」や「UNDERCOVER」などの高級ストリートファッションブランドの店が集まるように。

 それらのブランドは竹下通りにある表の原宿と対比され、裏原宿系と呼ばれ今でもオシャレ好きの人たちで日々賑わっています。

裏原宿 キャットストリート

 

A BATHING APE

数ある裏原宿系ブランドの先駆けでもある「A BATHING APE」の人気は群を抜き、猿のキャラクターをデザインしたTシャツなどのグッズは一大ブームとなりました。オリジナリティーのあるデザインが印象に残っている方も多いのでは?

 そんなA BATHING APE」ですが、正式には「A BATHING APE IN LUKEWARM WATER」というブランド名で日本語訳すると「ぬるま湯に浸かった猿」という意味。
デザイナーのNIGOが映画「猿の惑星」に魅せられたのが始まりですが、名前自体は設立当初より関わっているSKATE THINGが「因果鉄道の旅」という一冊の本中に登場する温泉につかった猿の挿絵にインスピレーションを得たと言われています。

因果鉄道の旅 ぬるま湯につかる猿

 

また「A BATHING APE」の略語であるBAPE(ベイプ)は呼称や服のデザインに用いられています。
その他にもトレードマークの猿顔のアイコン(エイプヘッド)やアニメ調にデフォルメされたmilo(マイロ)とよばれるブランドキャラクターもあり、男女を問わず幅広い年代層へとアプローチしています。

需要に対して供給できる量が限られていた為、人気が過熱していた時期には新作商品を入手することは非常に困難とされていました。人気がゆえに模倣品などが世に多数出回ってしまった時もあったよう。

Bape パーカー

APE HEAD Tシャツ

Milo Tシャツ

 

ブランドからの独立

裏原宿系ブランドの代表的存在へと上り詰めた「A BATHING APE」ですが、ブランド創設者NIGO代表取締役を2009年に退任し独立。
以降はフリーで様々な活動に積極的に取り組むようになり、2013年には今や世界的に有名な「ユニクロのオリジナルTシャツブランド”UT”のクリエティブディレクターへと就任しました。
これまであったUTのコンセプトを一新し、NIGOの経験を活かした「これぞTシャツ」と感じてもらえるようなデザインをニューモデルとして提案、沢山の人に受け入れられるよう作り上げていく事を目標に新たなプロジェクトとして始動しました。

UTクリエイティブディレクター NIGO

 

2016年にはUTの新デザインとして自身の友人でもあるNY在住のアーティスト「KAWS(カウズ)」とのコラボを発表。
シンプルでベーシックなイメージの強かった
ユニクロに、ストリートファッションのテイストを取り入れることで、これまでになかった新しいジャンルが増えたと言えるのではないでしょうか。

KAWSとNIGO

 

また2014年では「アディダス・オリジナルズ」と契約を長期締結し、「アディダス・オリジナルス・バイ・ニゴー」の名で新しいコレクションラインをスタート。
同年に「ユナイテッドアローズ」とコラボレーションし「NIGOLD® by UNITED ARROWS」の名のスーツをメイン商品としたブランドラインも始動し様々な場面でNIGOの活躍を見ることが出来るようになりました。

アディダス・オリジナルス・バイ・ニゴー

NIGOLD® by UNITED ARROWS  

 

 ファッション以外の一面

このようにNIGOの才能はA BATHING APE」退任後も、ファッション業界で遺憾なく発揮され今日に至ります。 

そんなNIGOですが、デザイナーとしての顔とは別に音楽プロデューサーとしても活躍!
多数のミュージシャンと交流のある彼は2002年に4MC+1DJで構成される5人組のヒップホップグループ「TERIYAKI BOYS」としての活動を開始しました。

メンバーはMCのILMARI(イルマリ)、RYO-Z(リョージ)、VERBAL(ヴァーバル)、WISE(ワイズ)、そしてDJのNIGO。
当初は2005年(酉年)限定での活動予定と発表されていましたが、その後も新曲を発売するなど活動を続けています。

TERIYAKI BOYZ

  

日本人HIP HOPアーティストとして初めてNYのセントラルークでライブパフォーマンスを披露するなど、世界的にも活躍するTERIYAKI BOYSですが、彼らの楽曲にはKanye WestCHRIS BROWNJust BlazeJermaine DupriMark RonsonDJ SHADOWなど海外の有名プロデューサーやミュージシャンが多く参加しています。

  

 

この錚々たるメンバーがNIGOの呼びかけによりアルバムに制作協力し、2005年11月に発売されたのが1stアルバム”BEEF or CHICKEN”。
世界を相手に戦う海外メンバーとのコラボレーションはハードルが高かったそうですが、NIGOは「日本人でもこういうことができるようになった、と示せた作品」と語っています。

TERIYAKI BOYZ BEEF or CHICKEN 

  

そんなTERIYAKI BOYZの数ある楽曲の中でも映画「ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT」の劇中歌として使われた”Tokyo Drift”は人気が高く、Youtubeの再生回数が1億3000万回を超えるほど。2019年10月には約13年ぶりにリミックスバージョンが登場!

オリジナルとリミックス全く違ったエッセンスで、聞き比べるてみると面白いかもしれません。 

 

Tokyo Drift オリジナルver


 

Tokyo Drift リミックスver

 

ファッションデザイナー、音楽プロデューサー、そして起業家として多才な才能を持つNIGOですが、現在も意欲的に新しいラインナップの制作に取り組んでいます。今後どのような活動をしていくのかがとても楽しみです!

ゼンマーケットでもNIGOデザインの商品や関連商品など多数のお取り扱いがございますので、是非こちらからお気に入りの一点を見つけてみて下さいね。

 

ゼンマーケットに新規会員登録で300円GET!

 

 


 

 

随時更新していますので

お気軽にフォローよろしくお願いします♩

 

 facebook  instagram  twitter

記事| 2020年3月2日 | ファッションオススメA Bathing Ape